FC2ブログ

『パッティングルーティーン』

2014年8月20日(水)

こんばんは

読売ゴルフ所属プロ
高橋孝輔です!

本日は
『よみうりショートゲームレッスン
&ウエスト9ホールラウンド会』

でした。


本日の参加者は
左から
定例的に参加くださる
丁子谷さん
レッスン会初参加の
藤﨑さん
今井さん
です。
2014-8-20ウエストi

Aコースは丁子谷さんだけだったので
思う存分やり切りました
2014-8-20ウエスト
2014-8-20ウエストa
2014-8-20ウエストb
2014-8-20ウエストc

Bコースから藤﨑さんと今井さんも合流し
ラウンド前のウォーミングアップを開始
2014-8-20ウエストd

18番ホールティーショット
2014-8-20ウエストe
2014-8-20ウエストf
2014-8-20ウエストg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の一押しポイント

『パッティングルーティーン』


まずはパターグリップの王道
リーバースオーバーラッピングをものにして下さい!


高橋流オーソドックスな
パッティングルーティーン手順!


①自分の番がくるまでに
カップの反対側でラインを読んでおく

②ボールの後方に立ち
ラインをイメージし、
打ち出す方向線上に
ボールから30cmぐらいのところに
目印を見つけておく

③次にアドレスに入るんですが、
ボールと目印を結んだ
直線に対して平行下に
もう一本素振り用のラインを
イメージしながらそのラインに
右手一本でアドレスに入り、
スタンス、ボールポジション、
姿勢等を順番に決めていき、
最後に左手をグリップし、
アドレスを完成させます

④アドレスが落ち着いたら
今から打つイメージの
素振りを1回します

⑤素振りが終われば、
本ラインへ、慎重にヘッドを移動させ、
左足、右足、からだ全体を確実に
平行移動させていきます

⑥目線を目印、カップに
何度か移しながら、
方向と距離の確認をします。
イメージが決まれば
少しヘッドを押し込み、
ヘッドを少し浮かしてから
テークバックし、ボールを
はじく感覚で打ちます

パッティングも
ルーティーンを丁寧に行わないと
カップインする根拠が持てません!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

              TGAゴルフコーチ高橋孝輔

Author:              TGAゴルフコーチ高橋孝輔
 
アメリカのスイング理論を基に
スイング解析ソフト『V1プロ』を使用した付加価値のある明確な
レッスンを展開中!!

大阪在住

1966年1月20日生まれ

アメリカ
サンディエゴ・ゴルフアカデミー出身

中嶋常幸、B・ワッツのツアープロのキャディー経験あり

ツアープロキャディーとしてツアーで1997年優勝経験もしている

1996年1月ティーチングプロ会員として日本プロゴルフ協会へ入会

2005年9月 GOLF NETWORKのTV番組「ゴルフクリニック」に出演

2011年6月 週刊パーゴルフに登場しました

TGA ブログ カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク