FC2ブログ

三田カントリー27 ゴルフレッスン 大阪 TGA!

10月18日(木)

こんばんは
TGA塾長の高橋孝輔です!


本日は三田カントリー27クリックで
コース勉強会をさせて頂きました
2011-9-13三田カントリー27

本日の参加者は
TGA会員の加納さん
です!

本日のツーショット写真を
誤って削除してまいました
これは前回参加された時の写真です。
2012-8-30 三田カントリー27

前回参加された時は
最高のお天気だったのに
今日は日差しがなく、風もきつく
そこそこ寒かったです。

また加納さんは、服装が夏装備だったので
カッパを着てやられましたが
それでも寒かったと
ちょっとまいった様子でした。

でもこの風の中での練習こそが
風対応の仕方が理解できたと
プラス思考で考えて下さい!


これに懲りずに
また宜しくお願いします


本日はありがとうございました!

大感謝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の指導ポイント!

※まず説明に入る前に
理解してほしい事!

1.通常のフルスイングは
フェースローテーションしますが、
コントロールショットや
アプローチショットは
基本フェースローテーションは
しないと考えて下さい。

2.ボールのライを見て
入射角度を決める

3.グリップエンドは
スタート時に手を押し込んだ
フォワードプレスから
最後のフィニッシュまで
ずっ~と体の左サイドを指す
ハンドファーストを
意識する事!


【60ヤード付近からの
コントロールショット】


アゲインスト(向かい風)で
エッジからピンが
わりと奥目の場面で
練習したのですが
考え方は色々あります。
1.普通にSWで軽めのフルスイング
2.AWでコントロールショット
3.PWで軽めのコントロールスイング

アゲインストでの理屈!
スピン量が通常より増える
通常より距離はおちる
高いボールになればなるほど
極端に飛距離がおちる


1~3全部やりましたが
どのショットが確率が良いのか
理解できたと思います。

【グリーン周辺のアプローチ】

色んなライから練習し、
成功する経験を確認出来たので
今後は
取りこぼしてはならない場面

1.グリーンエッジでは
OKかチップイン

2.グリーン周辺では1クラブ以内を
目指して下さい!

HD13からHD12の
Aクラス入りを
願っています。


アプローチする時の
加納さんの
チェックポイント

1.向きが悪い時がある
特に右に向くクセがたまにあるので
これが直らないと方向性に影響する

2.テークバックで下半身が動く
これがあるとバックスイングの
大きさが安定しなかったり
切り返しのタイミングも
まちまちになり
距離感に影響する

3.テークバックで
クラブと手と腕と肩が
一体化されていない

これがあると軌道に影響し、
方向性とミート率に影響する

4.インパクトで頭を残そうとし過ぎる
これがあると肩があがり
手首が折れ、ハンドファーストで
ボールをとらえづらくなり
ミート率やボールの高さに影響する

2012-10-18三田カントリー27b
2012-10-18三田カントリー27
2012-10-18三田カントリー27a

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アマチュアゴルファーの多くが
1Wの打ち方、
フェアウエーウッドの打ち方、
アイアンの打ち方は
違うんですかと聞いてきます。


TGAでは
クラブは単なる棒と教えます! 

ゴルフは
クラブとボールのコンタクト!
インパクトで全てが決まります!
物理的理論なんです!


ヘッドスピードと芯
が、飛距離に影響を与えます。

クラブヘッドの軌道(3種類)
が、方向に影響を与えます。
1.アウトサイドインは右飛び
2.インサイドアウトは左飛び
3.ストレートは真っすぐ

クラブフェースの向き(3種類)
曲がりに影響を与えます。
1.オープンは右曲がり
2.クローズは左曲がり
3.スクエアは曲がらない

クラブヘッドの軌道と
クラブフェースの組み合わせで
9種類の弾道が生まれる事は
物理的理屈です。


入射角度(2種類)
が、ボールの高低に影響を与えます。
1.鋭角は高く
2.鈍角は低い


【フェアウエーウッドの克服】

加納さんは
フェアウエーウッドが苦手で
距離を出す手段は
もっぱら4Iでやられているとお聞きし、
その4Iのショットを拝見しましたが、
方向性への問題はなかったですが、
ミート率の問題があり、飛距離が
まちまちでした。
これではロングホールや
長いミドルホールでは
不利なプレーになっています。

そこでフェアウエーウットの
苦手意識を消す為に
トコトン打ちました!

この二枚の写真をご覧下さい!
アマチュアの多くが
インパクトから
フォロースルーにかけて
体が伸び上がります。
これではミート率が
悪くなるのは当たり前です!

    
2012-10-18三田カントリー27d
2012-10-18三田カントリー27c

とにかくミート率が上らなければ
ゴルフは始まりません!


ボールのライを見て
アイアン系でもウッド系でも
クラブのリィーディングエッジが
シャフトの押し込む角度に対して
ボールの高さの真中の
少し下から地面ギリギリまでの
間に入ればクラブフェースに
ボールがのる理屈です!

ボールのライが悪い時ほど
フェード系で打っていく!
フェード系の打ち方が
ミート率が上がり、
どんな状況にでも合う
有効なボールなのです。
この事も今回の勉強会で
たっぷり経験できたと
確信しております。


これを理解し、
フェードボールを
打てるようになれば
シングル入りも
夢ではない!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三田カントリー27の 
関係者全員の協力のおかげで
このイベントも価値ある内容に
する事が出来ています。

特にコース管理の方との
意志疎通がしっかりしているから
やらせてもらえるのです。
大感謝

参加費を含めると
普通にプレーする料金より
お代は高いですが
それ以上に価値ある内容です!

なにより私と6時間近く
ゴルフ漬け出来る事と、
その日の指導ポイントを
ブログで再確認できる事に
価値を感じて下さい!


基礎を理解したり、
それを体で身に付けるには
練習場レッスンが最適ですが、
実践を想定して
スコアーアップを図るには
やはりコースでの
レッスン&練習です!

普段プレーしている時に
ミスショットが出ても
打ち直し練習は出来ません!
打ち直しが出来なければ
成功する学習は出来ません!

同じ状況から何回か打てば
学習も出来るのです!


このイベントは
成功する根拠を理解できます!
また数十ラウンドしたぐらい
価値があります!

未だに、このコース勉強会に
参加した事のない方は
是非このイベントに参加しましょう!
一発で問題点が解決できます。
 

自信を持ってお勧めできる
企画です!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

              TGAゴルフコーチ高橋孝輔

Author:              TGAゴルフコーチ高橋孝輔
 
アメリカのスイング理論を基に
スイング解析ソフト『V1プロ』を使用した付加価値のある明確な
レッスンを展開中!!

大阪在住

1966年1月20日生まれ

アメリカ
サンディエゴ・ゴルフアカデミー出身

中嶋常幸、B・ワッツのツアープロのキャディー経験あり

ツアープロキャディーとしてツアーで1997年優勝経験もしている

1996年1月ティーチングプロ会員として日本プロゴルフ協会へ入会

2005年9月 GOLF NETWORKのTV番組「ゴルフクリニック」に出演

2011年6月 週刊パーゴルフに登場しました

TGA ブログ カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク